あゆちゃんのブログ
ブログのトップページ >> ほんわかひろば@♪あゆちゃんち♪

2015.09 ほんわかひろば@♪あゆちゃんち♪

カテゴリー:あゆちゃん日和

「障害のある我が子が
かわいく思えない。
公園にも児童館にもどこにも
行きたくない。
元気に飛び回ってるよその子を
見るのがつらい。
でも
子供と二人っきりでいるのは苦しい。

何より
こんなこと思う
自分が許せない」

というメッセージをいただきました。

公園でも児童館でもお家でもない場所が必要なお母さんもいます。

「地域のいろんな人と一緒に笑う場」
とともに
「同じような状況にある人と一緒に泣く場」
も、両方 必要なんですね、
お母さんだけでなく、
きっと
私たち、誰でも。

お子さんが
誰かと一緒に
楽しそうに笑っている姿を
お母さんが
少し離れたところで
ゆっくりお茶を飲みながら
見ていられる、
安心して
グチをこぼしたり
情報交換できる、
そんな場を
♪あゆちゃんち♪にも
作りたいと思いました。

というわけで、
9月から
出前ほんわか広場@♪あゆちゃんち♪
はじまります!

 

11988679_615225455246574_1910537507762161960_n

 

ほんわか広場とは、
ハンディキャップのあるお子さんとママが
ホッとできる場所。

あゆちゃんのお友達、じゅんじゅんが
10年ほど前から続けてきた活動です。

じゅんじゅんは
看護師さんであり、保育園や重度障害者通所施設でも働いていた保育、介護のベテラン。

…と、そんな肩書きより すごいのは、
じゃんじゅんが
ハンパなく優しい人だということ。
じゅんじゅんだからこそ、
子供たちはなつき、
お母さんたちは心を開いてきたんだろうな、
と、そう思わせる人。

そんな じゅんじゅんが
ほんわか広場を
♪あゆちゃんち♪ に
出前してくれます!

お子さんが
じゅんじゅんや
あゆちゃんと遊んでいる間、
お母さんに
くつろいで過ごしてもらえたら
嬉しいなぁ。

この子にどんな未来があるの、と
不安に押しつぶされそうになっているかもしれない お母さんたちに、
どんなに障害が重くても
笑って生きる未来があるよ、と
あゆちゃんなら、
いそいそニコニコ働きながら
きっと
誰よりも上手に
伝えてくれることと思います。
( ´ ▽ ` )ノ

 

11947580_615225245246595_4230642760889422529_n

 

✳︎日時などの詳細はチラシをご覧ください。
✳︎メッセージはご本人の了承のもとご紹介しています。

 

Ayumi Sakagawa

【月別】

【カテゴリー別】

Copyright(c) 2013 シンビオシス All Rights Reserved.


PAGE TOP