あゆちゃんのブログ
ブログのトップページ >> カテゴリーアーカイブ: ♪あゆちゃんち♪
カテゴリーアーカイブ:♪あゆちゃんち♪

2015.08 9/13♪あゆちゃんち♪ バリアフリーリトミック

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

バリアフリーリトミック

 

なんということでしょう‼︎

「9月の♪あゆちゃんち♪に遊びに行きたいんだけど、いつやるの?」
と、お問い合わせをいただき、
そうだ!予定をアップしてなかった‼︎
と気付きました!

いつのまにやら8月も後半…なのですね!
さぁチビっ子たち、あわてて宿題を片づけちゃおう_φ(・_・

ということで9月のご案内です。
まずは
9月13日、日曜日、15:15~16:15
「バリアフリーリトミック」参加費無料!

ある時は赤ちゃん&ママさんグループで、
またある時はご高齢者のデイサービスや
障害があったりなかったりのチビっ子たちに、
幅広くご指導されていらっしゃる先生が
♪あゆちゃんち♪ にお越しくださいます!

「虹色の落ち葉、
楽しい列車の旅、
月に向かうロケット…
世界の音楽を
目で耳で感じましょう!
赤ちゃんからご高齢の方まで
障害のある方もない方も
それぞれのスタイルで楽しめる
音楽プログラムです」
と先生からメッセージをいただき、
あゆちゃん、今からとっても楽しみにしています!

お問い合わせ・お申込みは、
メッセージまたは
090-1209-6818
chiery5@gmail.com
まで、お電話・メールにてお願いします!
(定員になりましたら締め切らせていただきます、ごめんなさい)

あゆちゃんと一緒に~ ♪ Let’s speak Music ♬~
お待ちしてます*\(^o^)/*

2015.08 7/5 ♪あゆちゃんち♪ その⑦

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

カホン講座

「老人の方とは
接する機会は多いのですが
あゆちゃんにお会いして
重度の障害ある方と接したのが
ある意味初めてでした

でもあゆちゃんが
本当に一生懸命
みんなと笑ってる姿を見て
考えさせられました

障害の方に
何かできることがあるか
勉強してみようと思いました

何ができるか わかりませんし
今すぐ何か できるわけでは ありませんが

いつか
お役にたてればいいなって思います

またお邪魔させてください^_^」

カホン講座

 

初めて
♪あゆちゃんち♪に遊びに来てくださったKさんから、
嬉しいメッセージをいただきました!

この日あゆちゃんは確かに
「一生懸命」笑ってました。

でもそれは
皆さんが来てくれたおかげです。
社交辞令とかじゃなくて。
本心です。

あゆちゃんは小さい頃、
なかなか笑わない子供でした。
そんなあゆちゃんが
必ず笑う時がありました。
それは
誰かが笑ってる時です。
あゆちゃんは
お笑い芸人さんじゃなく、
ネタに笑いころげてる
兄を見て笑いました。
笑いだけじゃない。
妹が泣いてると
あゆちゃんも泣き出して
みんなを
びっくりさせました。

もらい泣き。
もらい笑い。
いろんな人から「助け」をもらうだけでなく、
「気持ち」ももらいながら育ってきたし、
今もそうして生きているのかなぁと思います。

一人では笑えない。

だから
一緒に過ごして
気持ちをもらえただけで、
もう十分
「お役にたって」いただきましたよ、Kさん‼︎
ありがとうございました!

そして
これまで
あゆちゃん逹のような障害の重い人と
会ったことがないという
大人や子供と
あゆちゃん逹が
どんどん出会って
気持ちをもらったり
あげたりする中で
誰かの
何かが
変わるとしたら
それは
言葉を使わぬ
あゆちゃん逹でもできる、
いや、
あゆちゃん逹だからこそできる
共に生きる社会へ向けての
当事者運動かもしれないと
思いました。

Kさん、また遊びにいらしてくださいね^o^

カホン講座

2015.07 来てくれてありがとう!

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

やったーーーーーーーーーー!

Mちゃんが来てくれた~~~\(^o^)/

嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて、たまらない!!!!!

なんでって言われてもわかんない!

でも もぅほんとーーーに!!!

よく来てくれたね、ありがとね、と あふれて止まらなかった!

Mちゃんのこと、以前ブログ
http://www.ayuchan.jp/blog/?paged=2
でこんなふうにご紹介しました。

お子さんが突然、重い障害を負って
在宅でみていらっしゃるお母さんが

「音ごはんの手作り祭りinあゆちゃん」で
あゆちゃんに会って

「娘の生きた証と言ったら大げさかもしれないけれど
やっぱりたくさんの方と出会ってほしい!
楽しむために今があるんだ!
悪化を恐れるばかりでなく
どんどん外へ連れ出して
生きている喜びを味わわせたい!
目からうろこが落ちた…」

そんなふうに おっしゃっていた、
と後から人ずてに聞きました。

あゆちゃんがいること
ただそこで皆と笑ってること
それだけで
一緒に笑っていいんだよね、
と誰かに思ってもらえるんだとしたら
どんなにありがたいことでしょう。

あゆちゃん達だからこそ、できる仕事がある。

次回はお子さんとご一緒にご参加くださるとのことでした。
楽しみだね、あゆちゃん。

********************

そして

5月10日の ♪あゆちゃんち♪ に来てくれたMちゃん。
ありがとう、ありがとう、ありがとう!

Mちゃんのお母さん、お父さん、ありがとう!

Mちゃん、この日がはじめてのお出かけだったそうです。
なかなか出かけられる所がないとのことでした。

でも これからは ♪あゆちゃんち♪ があるからね!

良かったね~あゆちゃん!

これからも いっぱい遊びに来てくれると嬉しいよね!

11244389_585098281592625_1045945224098320146_n

2015.05 6/14 ♪あゆちゃんち♪ アンブレラ*ピアスを作ろう!

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

FullSizeRender(12)

 

雨に濡れるとウキャ〜♪ 大喜びのあゆちゃんですが
傘を持つのも嬉しいお年頃?\(^o^)/♪

6月の ♪あゆちゃんち♪ は
アンブレラ☆ピアス作り!

世界でただ一つ、わたしだけの傘ピアスが
目の前でユ〜ラユラ揺れてるのを見れば

一緒にわいわい作ったことを思い出して
なんだか 嬉しくなっちゃう!

思わず鼻歌&スキップ&傘くるくる…
楽しい(怪しい^_^;)雨の日になっちゃうかも…?

絵心なくても大丈夫!
あなたには
デザイン科女子大生あやか先生と
型紙!がついてます( ´ ▽ ` )ノ

 

11008462_587489844686802_4569265170798504399_n

2015.04 みんなフォトグラファー@♪あゆちゃんち♪

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

亜由未が撮った写真を見たい。

 

という欲望が生まれた、ある夜更け。

 

たまたま つけたテレビ画面いっぱいに飛び跳ねるインドの子供たちを見て。

 

「未来を写した子どもたち」の画像1

「未来を写した子供たち」

www.youtube.com/watch?v=vIv7vpM6gtw‎〉

 

売春窟で生まれ育ち、

やがては祖母や母のように売春を生業とし、

そこから抜け出ることなく一生を終えていく子どもたち。

 

手にはインスタントカメラ。

イギリス人写真家が子どもたちに渡したもの。

 

彼らは全てを写し撮っていった。

空も、

麻薬にふける父も、

海も、

客をとる母も。

 

子供たちが撮った写真は

彼らの置かれた状況を多くの人に知らしめ

救い出す助けとなった。

 

それ以上に

子供たちに 喜びと

生きていく力を与えた。

 

カメラを手にした子供達の笑顔の

なんと力強いことよ。

 

そして

耳に飛び込んできた写真家の言葉。

「彼らは文字を書くことも

絵を描くこともできない。

でもシャッターは押せる」

 

!!!

亜由未も、シャッターなら一人で押せるんじゃない?

 

絵を描くにも、ものを作るにも、

何をするにも「誰か」が必要で、

それは亜由未にとって喜びや

強みですらあるかもしれないけれど

 

一方で、

全く気ままに一人きりでできる何かが、

亜由未のためにあってほしい!

 

「先生」に相談すると

デジカメのシャッター部分にかぶせて、

大きく、押しやすくする道具があるよ、と

ご紹介くださったのだけど

 

亜由未は介助無しで手を自分の目の前にもってくることができないから

(私たちのように写真を撮るポーズはとれない)

腰のあたりにおろした手でシャッターは押せても

(なんか盗撮っぽいポジション^^;)

モニターを見ることができなきゃ何を撮ってるかわかんない…

 

モニターは目の位置にあって

スイッチは おろした手の位置に欲しい

と言ったら

そんなカメラ無いよ、とのこと^^;)

 

でも

頭にすっぽり布をかぶった昔の写真屋さんが使うような

カメラから伸びた外部シャッターって、今はないのかな?

と探すと似たような物があって!買った!

が、

スイッチを「握る」のが難しかった…

(押すのは得意なんだよね、あゆちゃん、どんまい)

 

そもそもデジカメはモニター画面が小さいから

見やすいiPadでなんとかできないかなぁ…

 

目の位置に取り付けたiPadのシャッターから

手元のでかくて押しやすいあゆちゃん御用達のスイッチまで

ビョ〜〜ンとつなげるものがあればいいのに…

 

とブツブツ言ってたら!

なんと!

見つけてくださいました!

亜由未のIT師匠、野口さんが!

iPadと 手元のでかスイッチを

つなぐブツを!

やったーーー\(^o^)/

これで あゆちゃんも

1人気ままに連写~~~できます!

感謝!!

image

 

というわけで

5月の ♪あゆちゃん♪ は 誰でもフォトグラファーになれちゃう ワークショップ ↓↓↓ やりますよ!

 

image

にわかに誕生した

フォトグラファー亜由未が撮った写真を見て

リクライニングチェアのように倒した車椅子からは

世界がどんなふうに見えていたのか、

うすうす感づいてはいたけれど

本当のところはわかっていなかったのだと

今さらながら

気付かされた。

 

人間を撮ると もれなく鼻の穴でかいし。

建物は屋根ばかり。

道路標識。電線。雲。

下から見上げた世界。

斜め上の世界。

 

image

 

あゆちゃん、

あなたは毎日こんな景色を見ていたんだね。

私はこんな顔であなたを見ていたの…?

 

あゆちゃんたちと私達は

同じ空間にいても違う景色を見ているんだ、と改めて発見する。

 

 

そして再び そんな映画を観た。

 

主人公は話すことができない。

左目以外 動かすこともできない。

体に閉じ込められている。

 

カメラは度々 主人公の目になる。

 

例えば

ドクターがベッドの主人公を覗きこむ、

それは一見なんでもない光景だけれど

身動きできない主人公の目をカメラにして写してみると

全く様相が変わってしまう。

 

いきなり目前にアップの顔が迫り

ぎょっとするが逃げることもできない。

顔はこちらを無遠慮にじろじろ見たかと思うと

不穏な表情を残しパッと視界から消えてしまう。

何があったのかと気になっても後を追うことはできない。

 

ベッドの横で

見舞いに来た子供たちが笑いながらおしゃべりしている、

それを微笑ましい光景だと、私たちは信じて疑わないが、

ベッドに寝ている主人公の目には

子供たちの笑顔は無く

写るのは天井ばかり。

子供たちの笑顔を見るためには

彼らが視界に入ってくれるのをじっと待つしかない。

 

目だけでは見ることはできないんだね。

 

私たちはほとんど反射的に見たいものの方を向き

好きなだけ見ていられるから

すぐ横にいる人がもしかしたら天井しか見えていないということを、

知ってはいるけど

うっかり忘れてしまう。

 

IMG_0751

「潜水服は蝶の夢を見る」

 https://www.youtube.com/watch?v=7olM7fRxEU4

 

 

亜由未たちが撮る写真 は

様々なことを

私達に

気付かせてくれるだろう。

 

それは

「見えてなかったんだね」ごめんなさい…という気付きかもしれない。

 

さらに

「見えていない」だけでなく

私達とは違う世界が「見えていた」んだ!

ということにも気付かせてくれるかもしれない。

 

亜由未たちだからこそ撮れる写真。

亜由未たちにしか撮れない写真。

それは確かにあるはずだと思う。

image

もっと見たい。

あゆちゃん達の世界を。

image

↑自撮りあゆちゃん

2015.04 世界一ちっちゃなお店屋さん ♪あゆちゃんち♪

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

ねぇねぇ、ちょっと聞いて!

委託料、手数料、一切無料の♪あゆちゃんち♪ お店屋さんに

ニューフェイス登場したよ!

 

佐々木さんの可愛いヘアアクセサリーと、

夏先取り麻バッグだよ!

持ち手が皮でとってもおしゃれ♪

934822_572123392890114_7519219814517266965_n

 

♪あゆちゃんち♪は世界一小さなお店屋さんだけど

ホワイトデーのお返しに手作りヘアゴムを、

お母さんのお誕生日にバースデーカードを、

お引越しするあの子にヘアピンを、

そして音ごはんさんのファンがCDを、

と、これまでいろいろ思いのこもったお買い上げをいただきました❗️

ありがとうございます。

 

あなたも ♪あゆちゃんち♪  に出品してみませんか?

お金は全くかかりませんよ!

 

そして ♪あゆちゃんち♪ に遊びに来たら、

小さなお店屋さんをちょっとのぞいてみませんか?

 

お気に入りを見つけたら、店員のあゆちゃんに声をかけてくださいね。

 

大好きなお金^_^;目がけてあゆちゃんまっしぐら!

(ちなみに音がする小銭の方が好きです^_^;)

毎度あり〜( ´ ▽ ` )ノ

 

11146304_572123362890117_9196692982954299952_n

2015.04 ♪あゆちゃんち♪ 笑いヨガ

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

音ごはんのモトモトコさんが、4/5 ♪あゆちゃんち♪ 笑いヨガについてブログに書いてくださいました。

http://blogs.yahoo.co.jp/dai19740909/13924751.html

モトモトコさんのブログはフワッと口当たり良く、でも中身はもっちり噛みごたえあり、後味さわやか…って、どんな食いモンだ?

ブログ内にYouTubeのリンクもあるので、音ごはんさんの素敵な歌にすぐアクセスできますよ!

♪あゆちゃんち♪ 笑いヨガについて書かれた部分を、以下にそのまま投稿させていただきます。

必要とされる方に届きますように…

 

 

11130244_571811429587977_2853140223325420806_n

 

「私とカホちゃんは、月に一度の♪あゆちゃんち♪ に顔を出し「笑いヨガ」というのを初体験。

とにかく、笑う! 笑い合う!!

講師の方がおっしゃってました。

大人になると、笑わなくなる。

理由がないと、笑えなくなる。

そんな自分を解放し、とにかく、笑う!!

「楽しいから笑う」んじゃなくて、「笑うと、楽しくなる!!」という原理です。

いいね!! こういうの、大好きだーーーーー(*^▽^*)

10427668_571822789586841_932551107240568354_n

で、終わった後、ギターを弾くお父さんや、

♪あゆちゃんち♪ の動画を撮りに大阪から駆けつけてくれるカメラマンの方や、

重度の障害のあるかたを日ごろケアしている看護師さんや、

いろーんな方に、新たに出会えた、今日だったのでした。

わたしは、「がんばりっこ仲間」のチラシを♪あゆちゃんち♪におかせていただけたし、

たくさんの方々に出会えて、今日一日、トータルして、とっても楽しかった!!

11102769_571811469587973_6075280177405100894_n

楽しかったと同時に、新たにわかったこと、というか、前も書いたかもしれないけど、

改めて感じたことがありました。

例えば、小さい子を産んでしまった、

障害があったり、

体が弱かったり、

自分のせいで、

ママのせいで・・・ごめんね・・・って、その罪悪感をずーーーーーっと背負ってしまう方、

おそらく、たくさんいらっしゃるかと思います。

すごくよくわかります。

わたしもそうでした。

実際、お世話は大変だし、

周りの目も気になるし・・・

申し訳ないとか思ったり。

でもそれで、お母さんが、

ずっとずっと、自分を責め続けて引きこもったり、

笑えなくなってしまったりするのは、

こどものためにも、自分のためにも、

プラスにはならないような・・・。

前を見て、生きていくしか。

自分が楽しみ、子どもも楽しみ、生まれてきて、よかったね、って、思える瞬間をたくさん作っていくしか、

ないのではないかと。

10995600_571811439587976_4238506168026910180_n

そんな意味で、♪あゆちゃんち♪ は、素晴らしい場であり、

もっともっと、こういう、バリアフリーのコミュニティ・スペースが、できたらいいなあ、と、

今日、改めて思ったのです。

10407701_571811519587968_6324809176982096541_n

だって、知らないだけだから。

障害とか、病気とか、

身近にいて、関わってみて、

ああ、ここをケアすればいいのね、とか。 こういうふうに参加できるのね、とか。

知る機会がないだけだから。

だから、こどもはそもそも「宝物」で、

神様からの「最高のプレゼント」だっておもうけれど、

特に、病気や障害を持って生まれたこどもは、

さらに「たくさんの宝物」や、

「両手いっぱいのプレゼント」を抱えてきてくれたのかな。って。

わたしはそう、思います。

あゆちゃんのお母さまも、以前、そのようなことを言われていたと思います。

11052399_571811556254631_5950940331236589173_n

もし、まだまだ、自責の念から一歩踏み出せないお母さんがいらっしゃったら、

ぜひぜひ、「♪あゆちゃんち♪」とか、「笑いヨガ」とかにも、アクセスしてみてくださいね。

「笑う門には福来る!!」
「 笑ったもん勝ち!! 」

なにか、楽しいことが待っているかもしれません\(^o^)/」

2015.04 聞く前にやッちゃえ~♪

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

4月5日は ♪あゆちゃんち♪ 日本舞踊体験!

間近に見る日本舞踊、あゆちゃん、真剣!
参加者の皆さん、先生、ありがとうございました!

11103008_571537059615414_5919597520338920729_n

♪あゆちゃんち♪ では毎回いろんなイベントにトライする。
いちおー主宰のあゆちゃんに「やってみない?」と聞いてはみるけど、YESとはっきり答えが返ってこなくても やっちゃうよ!
手を替え品を替え…^^;

何かを決める時、まずは本人の意思、意向を確認すること。
ケアのお約束。
でも♪あゆちゃんち♪では「見る前に跳べ」じゃなくて^^;「聞く前にやっちゃえ〜♪」

あゆちゃんが小さい頃、訪問看護師さんに預けたことがある。
今日は天気が良いので公園に連れて行ってください、とお願いして出かけた。
帰宅後、あゆちゃんに公園の桜きれいだった?と聞くと…

「公園には行きませんでした。
あゆちゃんに公園に行く?って聞いてもは~いって手を挙げなかったし、笑いもしなかったので」
と看護師さんが代わりに答えた…

以前、麻痺の少ない右手を「は~い」と挙げたり、にっこり笑ったりして亜由未は「YES」の意思表示をします、と看護師さんにお伝えしたことがあった。
同時に、そのことだけでは正確に亜由未の気持ちを理解できないので臨機応変に対応してほしい、とも申し添えて。

たとえYESであっても手を挙げないこともあれば、NOなのにニッコリすることもある。

なぜ?
それは知的障害があるから。
…と言われる。

それも理由のひとつ。
でもそれだけ?

今日は疲れたから手が重くて挙がらなかったの、とか
この前「は~い」したけど無視されたから手を挙げる気にならなかったんだ、とか…

話しかけてくれたことが嬉しくてニッコリしちゃった、とか
どっちでもいいんでとりあえずニッコリしといた、とか…

いろいろ様々あると思う。
あゆちゃんの腹の中では。

それは何もあゆちゃんだけのことじゃなくて
私達だってめんどくさいとテキトーに答えちゃったりするし。
知らないって言えなくて笑ってごまかすこともある。

意思決定と意思表示って、いつでも白黒はっきり不動のものってわけじゃなく揺れ動いてるもののように思う。

だから私たちは自分探しをしたり相手の腹を探ったりすることに、時には必死になる。

だけどあゆちゃん達が明確に答えられないと「知的障害があるから仕方ない」って周囲は思考停止してしまうことが多い。

「は〜い しないのは私と久しぶりに会って緊張してるからかもしれない。
そういえば嬉しくて力が入った時も手が動きにくくなるって言ってたっけ。
あゆちゃんは公園大好きだから は〜い しないのには きっと事情があるはず。
もしかして公園て言葉を忘れてる?
公園に行ってから ここにいたい?って聞いた方がいいかな。
ともかく今日みたいな暖かな桜日和を逃すのはあゆちゃんにとって残念なことだから
とりあえず公園へ行ってどんな表情をするか注意して見てみよう
危険なことをするわけではないんだし
嫌そうならすぐ帰ればいい」

そんなふうに本人に聞いて、考えて、試して、また聞いて、考える…
あゆちゃん達の「意思決定介助」は ただ聞くだけでは足りない。

そしてもう一つ、見過ごされがちなことがある。
意思決定、意思表示を困難にさせる障害は知的障害だけではない。
それに勝るとも劣らぬ深刻な障害がある。

経験障害だ。

あゆちゃんはきょうだい達と一緒に育った。
公園にも一緒に行った。
でも公園で経験したことはきょうだい達と同じではなかった。

きょうだい達は公園に着くやいなや、すべり台の坂を登り始めた。
靴を放り投げて天気占いをし、けんけんで取りに行った。
葉っぱで壁を作り、蟻の行列を迂回させた。
小石を拾っては丸を書き、よく書ける小石でお店を開いた。
落ちていた花を噛んだ後まずいと吐き出した。
大きな石を裏返してダンゴ虫がいるか当てっこした。

私は亜由未を抱っこしてきょうだい達の後を追いかけた。
亜由未にも葉っぱを持たせ、小石を握らせ、花の匂いをかがせながら。
でも次々と体の全てで世界を味わっていくきょうだい達の情熱にはとても追いつけなかった。

もともと場や人のバリアがあったり体調の問題があったりで、あゆちゃん達の経験の種類じたいがとても限られている。

さらに、たとえ同じような経験をしているように見えても、体を動かせない、手でつかめない、よく見えない、よく聞こえない、よくわからない亜由未が、きょうだい達と同じように世界を感受し、理解することはとても難しいことなのだ
と、あらためて ため息をついた。

経験の量も質も足りない
残酷なほど圧倒的に。

私たちは直接または間接的な経験を拠り所として意思決定する。

ごく乏しい経験しか得られないあゆちゃん達は何を元に判断し、決定していけばいいのだろう。

例えば脳性麻痺という一次障害により頚椎症や側弯症という二次障害を発生することがあるように

もともとの障害により
経験がごく限られてしまう「経験障害」という二次障害が生じ
そのため意思決定、意思表示が困難となる。

経験障害は薬やリハビリでは直せない。
共に生きる中でしっかり心に残る経験を重ねていくことでしか軽減できない。

あゆちゃん達は
「どっちって聞かれても
聞いたことも 見たことも やったこともないんだから答えらんないよ!
アンフェアだ!
聞く前に試させて!」
と言いたいかもしれない。

だからこれからも ♪あゆちゃんち♪ では聞くと同時にやっちゃうよ、面白いことならなんでもね!

11146204_571536946282092_375817373766045756_n

 

2015.03 ♪あゆちゃんち♪ 

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

 

4/5  ♪あゆちゃんち♪ アメリカ人先生と英会話

新学期が始まるということで 小学生グループでは 曜日と科目のお勉強をしました!

科目ビンゴで曜日カードを集めるゲームでは、みんな真剣!

11149433_572523856183401_5451220284147767666_n

お土産は時間割表です^o^

 

ちびっこグループでは チラシで paper cracker をおりました。

そう、あの、懐かしの紙鉄砲です!

11102674_572523876183399_1136878288234983601_n

 

出来上がった paper cracker 片手に

風船が割れたり

卵がつぶれたり

お相撲さんが張り手したり…

いろんな Bang!! の写真を見て 英語で言い方を教えてもらいながら

みんなで Bang!! Bang!! Bang!!‼︎‼︎

お母さんたちも夢中でしたね…^_^;

 

それから英語でレストランごっこ。

またやろうね❗️

 

10426269_572524002850053_4548395093595352124_n

お母さんやお父さんがレッスンを受けている間は

黒ひげやったり 絵本を読んだり シュートゲームしたり…

みんなで遊んで待ってたよ。

今日もありがとう❗️

See you later alligator‼️

 

♪あゆちゃんち♪ アメリカ人先生と英会話は

お子さんからご年配の方まで

ビギナーの方もアドバンスドの方も

障害のある人も どなたでもご参加いただけます。

 

参加費は 1時間 (未就学のお子様のグループのみ45分)  800円です。

お子さんと一緒にレッスンを受けることもできますし、

別のお部屋で飲食しながらお待ちいただくこともできます。

 

お申し込み、お問い合わせは

chiery5@gmail.com

090-1209-6818

までお願いします!

 

Let’s enjoy the communication❗️

Please join us‼️

11030257_572523832850070_3953196363514523695_n

2015.03 4月の♪あゆちゃんち♪で 踊って 笑って 浮かれちゃお~

カテゴリー:♪あゆちゃんち♪

あゆちゃんは♪あゆちゃんち♪の看板娘ですが、この看板、働くの大好き( ´ ▽ ` )ノ

この日もAYAKA先生と、4月5日♪あゆちゃんち♪ 「日本舞踊体験」の打ち合わせっ〜

恋するフォーチュンクッキーって、どんな日舞になるんだろ…踊るの楽しみだな、あゆ!
男子も(特にあゆちゃんが目をキラキラさせて)歓迎しますよぉ!

10408028_564605800308540_1265289021024089247_n

日本舞踊のあとは笑いヨガ!
体が硬くても、というか動けなくてもできるんだって…
まさにバリアフリーコンテンツ!だな、あゆ!

「子供には笑ってる姿見せたいんです。
でも笑える日ばかりじゃなくて…
だから笑いヨガ 始めたんですよ〜^o^」
講師のKAZUMICHANが話してくれました。

いつも以上に笑ってもらいますぜ、あゆ!

http://m.youtube.com/watch?v=xvZrRmMo78c

 

11073125_564605783641875_1365570138449327014_n

 

そしておなじみの「手話で歌おう♪レリゴ〜」
「すこ〜しも寒くない」どころか、ファンの方の応援がありがたくて「わしやま手話の会」の目頭がアツイわ♪

 

この日は4月の準備だけでなく、ずっと先の企画「草木染め体験」の予行練習もしちゃいました!

ビワの葉っぱをちぎって
布きれに輪ゴムぐるぐる巻いて(絞り染め〜)
煮汁と布きれををジップロックに入れて
揉んだよ!手で、足で、お腹で( ´ ▽ ` )ノ
湯たんぽみたい。
あったかぁ〜〜い。
草木染めセラピーだね!これはっ!

ところで何故ビワの葉っぱかというと
世の中には、種という種、根っこという根っこを手にすると埋めずにはいられない、という人もいて(いるんかい?)
あゆちゃんの父はそんな人なので
いつものように食べ終わったビワの種をそこらの土に埋めたら…
ジャックと豆の木みたいにヒョロヒョロ伸びて、葉っぱをいっぱいつけました!
土は偉大( ´ ▽ ` )ノ
♪あゆちゃんち♪の裏メニューにビワ茶が加わる日も近し…?
あゆちゃん、葉っぱちぎり仕事よろしくね!

日本舞踊も手話も染め物も、みんな大学生の皆さんのボランティアです。
授業に実習にバイトに(恋に…*´∀`)忙しい中、時間と手間をかけて準備して、♪あゆちゃんち♪まで足を運んでくださる…
心から、心から感謝しています。

こういうやり方なら誰でもできそうだよね!
こうしたらもっと楽しいんじゃない?
みんなでワイワイがやがやミーティング。
もちろんあゆちゃんも、ボーッとしてられません。
どう思う?あゆちゃん!
やってみて、あゆちゃん!
スタッフとしてしっかり仕事、たのんまっせ~♪

コミュニティスペースでは仕事がいっぱい!
だから嬉しい春のあゆちゃんです。

 

11082606_564605820308538_9044257037264655208_n

 

学生さんのレポートです!

今日は初めてで、緊張・緊張でどうしたらよいかオドオドしていましたが、あゆちゃんが力一杯握手をしてくれてとっても嬉かったです。

今後の ♪あゆちゃんち♪ の打ち合わせということでたくさんのお客様がいらしていました。
一緒に染め物の予行練習したりあっという間に時間が過ぎました。あゆちゃんは私がすること一つ一つに『いーよ』と言ってくれてほめる天才だと思いました。今後あゆちゃんの色々な表情が見られると思うととっても楽しみです。

あゆちゃんの目線で物事を捉え少しでもあゆちゃんの気持ちに寄り添って色々なお手伝いができるようこれから頑張りたいとおもいました。(とみちゃん)

 

1 / 3123
Ayumi Sakagawa

【月別】

【カテゴリー別】

Copyright(c) 2013 シンビオシス All Rights Reserved.


PAGE TOP